金投資するメリットとデメリット

金は昔から世界中で資産としてと位置づけられ、現代でも世界中の資金が流れ込んでいます。なぜこのように人々の資金が集まるのかというと、それは安全な資産だからです。

例えば、通貨や株式にはデフォルトのリスクが付きまといます。通貨はその国が経済危機に陥ると価値を大きく落とし、通貨自体が消滅してしまう可能性も考えられます。株式はその会社が倒産すると価値をなくした紙くずです。対して、金は希少性ゆえに、そのもの自体の価値がなくなることはありません。このことは、テロ・戦争といったときに実証されています。テロ・戦争といった有事の際は、資金が流れ込み価格は上昇します。

また、インフレの影響を避けられるのもメリットのひとつです。物価が上昇をすると商品の購入にはより貨幣が必要になり、物に対して貨幣の価値は低くなります。このためインフレ時に、貨幣で保有している資産価値は減少します。しかし、金は物価の上昇に連れて価格が上昇する特徴を持つ資産です。くわえて、円安ドル高の際に価格が上昇する傾向があるのもメリットです。円安ドル高が進むと、多くが輸入を占める金の価格は上昇します。円安が進み円の価値が減少した場合でも、保有している金で相殺できます。

メリットは多くありますが、保有していただけでは銀行預金のように利息を産まないところがデメリットです。それに、金貨・地金の形で自宅で管理する場合、紛失のリスクもあり、盗難に対する備えが必要なところもデメリットと言えるでしょう。

しかし、金貨・地金を保有する以外にも、純金積み立てでも資産運用ができます。純金積み立ては、毎月決まった額で金を買いまして積み立てていく方法です。月々の最低投資額が1000円からと少ない資金からでも始められ、購入した金は取引会社に預けることになるので自分で管理する必要はありません。なぜ、毎月積み立てて行くのかというと、金の価格は変動するものなので、一度に購入した場合高値をつかんでしまうというリスクがあるからです。

この他にも、金ETFという資産運用の形もあります。ファンドが一般の方から資金を募り、そのお金を運用し得た利益を還元するのが投資信託のメカニズムです。金ETFは、この投資信託を上場し証券会社で取引を可能にした上場投資信託です。このため株に投資する場合と同じように、購入するだけではなく値が下がると予測できたら信用売りもできます。純金積み立てと違い購入手数料や年会費といった手数料もかかりません。募った資金で金の地金を購入し保有している裏付けのあるETFを選ぶと、会社が破綻した場合でも安心です。

外資保険と日本の保険の違い

外資系の保険と日本の生命保険との違いで、一番大きいのは保険料です。外資系の保険料はおおむね日本の生命保険よりも価格は低く設定されています。

外資系の保険会社は、テレビCM、ネットや新聞広告とコンサルティング営業が中心です。人件費のコストがかからないことがが保険料の安くなる理由のひとつです。

これ以外にも、オーダーメイドの保険であるというのも理由のひとつだと言えます。外資系の主力の商品は、さまざまな補償を組合せたパッケージのものではありません。シンプルな単品の保険で、終身保険、医療保険、がん保険と個別に加入いていくものです。このため、必要に応じて加入する保険を選んでいけるので、必要のないものはカットでき結果保険料は安くなります。このように自分で保険をカスタマイズしていけるところが外資系の保険の特徴です。加入する保険は、内容や保険料で違う会社を選んでいくということもできます。しかし、保険を自分で選ぶには知識が身に付け、商品に対しての理解を深めておく必要があるでしょう。

対して、日本の生命保険会社は日本各地に支店を持ち多くの営業職員を抱え、定期的に契約者のもとを訪れてアフターフォローを欠かしません。あわせて、企業を訪問しての営業もしており人件費がかかります。さらに、パッケージ型の保険が主力の商品なこともあり、保険料は高めです。

しかし、日本の生命保険は、生命保険会社からきめ細やかな対応を受けられるという長所を持っています。保険のことに詳しい知識を持っていなくても、対面して一から商品の説明や最適なプランの提案を受けられます。また、契約後は保険金の請求や契約内容の見直し等、担当者の丁寧な応対を受けられます。このため、保険にあまり詳しくない、説明を受けてから商品を選びたいとい方に向いているのが日本の生命保険と言えるでしょう。