株価が上がっている時に投資ってどう?

株価が上昇している時には、多くの投資家が市場に参入してきます。さらなる株価の値上がりを期待してのことですが、実際に利益を出せるのかどうかを考える必要があります。株は買い手と売り手の相対取引によって値が決まります。上昇するということは、将来の値上がりを期待する人が多いということです。

その意味では、日経平均株価が上昇している時に参入するのは悪いわけではありません。もちろん、いつ天井をつけるのか分かりませんし、相場が反落するリスクはあります。また株価が上昇トレンドにあるのは良いのですが、企業の業績上昇がそれに追いついているかどうかが問題になります。

株価は常に業績などを先取りする形で動いています。つまり上昇している株価は、未来の企業の業績を現していると考えられます。つまり、日経平均株価が大きく上昇している中で投資をするということは、反落するリスクを大きく背負っているということになります。

また、急激に株式相場が上昇すると、一時的に利益確定の売りが増えることになります。つまり株価は反落するわけですが、その売り注文がさらなる売りを誘うことによって、大きく反落するケースもあります。日経平均株価の上昇をみて株を購入した途端に値下がりして、含み損となる可能性もあるというわけです。

もちろん、企業の業績上昇が続き上昇トレンドが続いているのであれば、一時的な下落は心配する必要がありません。むしろ安値で購入する機会と言えますし、絶好の投資機会であるとも言えます。つまり、日経平均株価の上昇があれば、一時的な下落場面で投資するのがベストです。

この下落場面は利益確定によるものですし、買い手はさらなる買い増しを狙ったものと言えます。このような相対取引では買い手の方が有利と考えられます。いわゆる逆張りと言われるものですが、下げ相場で株を購入するのは勇気がいるものです。けれども上昇トレンドである限りは心配せずに購入することができます。

日経平均と株価をみて投資するか決める

株の取引きでは日経平均と株価の動きをみる必要があります。日経平均株価が上昇する中で安値となっている銘柄は、何かしらの問題があると言えます。このような銘柄は相場の流れに乗れないことから、下降トレンドにあると考えられます。

また日経平均株価の上昇率以上に株価を上げている銘柄にも、注意が必要です。人気化していることで、企業の業績以上に買われている可能性があります。株価が上昇したからといって、業績上昇するとは限りません。むしろその乖離によって、大きく反落するリスクが高まると考えられます。

株式投資はあくまでも日経平均株価との連動に注意して行うことが大切です。上に乖離したり下に乖離する銘柄に手を出すのはリスクが高いと言えます。ただし業績上昇が明らかであるならば、日経平均株価よりも下に乖離している銘柄は、安値で放置されている可能性もあります。

その場合にはチャートをチェックし、トレンドラインはどのようになっているのかを確認することが大切です。長く下降トレンドにあった銘柄が上昇に転じれば、大きな上昇トレンドに転換する可能性が高いと考えられるので株を買う際のおすすめの銘柄と言えます。日経平均株価との連動率をチェックし、その動きに歩調を合わせるようであれば安心して購入することができます。

日経平均株価が上昇している時の投資は、銘柄の株価の動き次第で利益を出すことができます。株価の動きが連動していれば利益を出すことができますし、上に乖離しているようであれば人気化していることによる反落リスクが高いと考えられます。逆に業績が好調でありながらも下に乖離しているなら、買い時の銘柄であると判断できます。このように業績と株価のトレンドを考慮しながら売買をすることで、上昇局面でも利益は十分に出すことが可能です。

このように投資をするにあたって様々な情報が関与してきますが、こういった情報の提供を行っているトレーダーズブレインマーケットといった投資助言サービスや口コミなどの情報を発信しているサービスもあるので、上手く利用すると良いでしょう。