外資貯金のやり方について

外資貯金を活用していますか。
銀行の円貯金は普通預金や定期預金などで利用している方が多いのではないでしょうか。

銀行預金には金利が付きますので、預けた金額に対し利息を受け取ることができます。
バブルの頃はとても利息が高く、100万円を1年間銀行に預ければ8万円もの利息を受け取れる時代がありましたが、今はマイナス金利の影響もありどの金融機関も低金利となっています。

そんな環境だからこそ、知っておいて損はないのが外資貯金です。
円貯金はその名の通り円でお金を運用しますが、外資貯金は中身が外国通貨です。

通貨は金融機関によって取扱に差がありますが、米ドルやユーロ、豪ドルを選択する方が多いです。
円貯金と外資貯金の違いはなんと言ってもその金利差にあります。
選んだ外国通貨国の金利が外資貯金に反映されている為、日本より相対的に高い利息を受け取ることができます。

外資貯金にお金を入金する際はその日の為替ルートが適用されますが、金融機関によっては為替ルートに手数料が上乗せされている場合もありますので、どこで外資貯金をしたら良いのか迷っている場合にはコスト面で比較してみてください。

外資貯金のメリットは利息だけではありません。
為替ルートの変動により、為替差益を得ることができるのも大きな魅力の一つです。

例えば1ドル100円で米ドルを購入したとします。
1ヶ月後に1ドル110円になりドルの価値が上がれば100円が110円になり10円の利益を享受できます。

しかし、為替ルートはドルの価値が下がることもありますので、反対に1ドル90円になってしまえば10円の損となりますので注意が必要です。
外資貯金は円貯金と違い預金保護制度の対象外であり、円で元本保証されているものではないことにも理解が必要です。

外資貯蓄は積立購入という運用方法をとることも可能です。
積立購入とは、一度で外資貯蓄へ入金するのではなく、毎月や毎週などサイクルを決め定期的に外国通貨を購入することです。
ドルコスト平均法と言いますが、一度に外資貯蓄に入金するより単価を抑えながら運用ができるため、効率的な外資貯蓄運用ができます。

金利キャンペーンとなっている外資貯金には注意

最近では外資定期の金利キャンペーンを行っている金融機関も増えました。
金利だけをみると非常に魅力的な外資定期ですが、必ずしも金利キャンペーンがお得とは限りませんので注意が必要です。

まずは、金利だけでなく運用コストに注意をする必要があります。
外資貯蓄にかかるコストはほとんどの金融機関で1ドルあたりいくら、と定められていることが多いため、より多くのお金を外資貯蓄に入金しようと考えている方ほど多くの手数料を支払うことになってしまうのです。
外資定期の金利キャンペーンに加え、かかるコストがどれだけ必要になるのかをよく考えてから入金するよう注意してください。

また、外資定期の期間にも気をつけなくてはなりません。
1年定期や2年定期など、満期は様々なものがありますが基本的に運用期間中の解約はキャンペーンの高金利が保証されないことが多いです。
急に資金が必要になっても解約できないこともありますので、時間に余裕を持って満期を選ぶ必要があります。

加えて、満期まで持ちきらないといけないということは、保有期間中にドルの価値が上がったとしても為替差益をもらうことができないと言うことです。
ドル円の為替ルートを逐一確認し、自分の目標とする利益に到達したら利益確定をしたいとお考えの方にとっては期間が固定されている外資定期ではなく、流動性が高い外資貯金にしておくべきです。

外資貯金にも外資定期にも、それぞれメリットデメリットがあります。
運用方針によって上手に使い分ければ円貯蓄よりはるかに高い利息をもらうことができ、為替差益も狙えるため資産の一部に組み込むことはとても良いですが、リスクもありますので注意しながら低金利対策に利用してはいかがでしょうか。