不動産投資は儲かるの?

不動産投資は将来にわたって安定して収入が入ってくるということがメリットです。入居募集や契約などは不動産会社が基本的にやってくれますので、それほど手間もかかりません。マンションの管理・メンテナンス、トラブル対応などもすべて管理会社にまかせることもできます。

デメリットとしては、管理会社にまかせる部分が多くなるほどコストがかかるということになるでしょう。すべてのことを自分でやるならば管理会社のコストはかかりませんが、トラブルをよく起こす入居者にあたってしまって大変な思いをしたという体験談などもあります。

入居募集などは基本的には自分で行うことは難しいので、不動産会社と契約をすることになるでしょう。自分でできることは自分でやって、不動産会社や管理会社にまかせる部分はまかせるということがマンション経営における1つのコツです。

不動産投資ローンを組む場合にはローンの利息や手数料もデメリットとなります。ローンを組むことにはデメリットもありますが、レバレッジをかけられるというメリットも存在しています。むしろ、不動産投資の最大の魅力が金利が低い不動産投資ローンでレバレッジをかけられるということにあるので、一括で物件を購入できるだけの資産を持っている人でもローンを組むことを検討するべきでしょう。

不動産投資とひとくちに言っても、ワンルームマンションへ投資をするのか、ファミリーマンションへ投資をするのかといったポイントによって大きく性質が変わってくることがあります。

一般的に、ワンルームマンションに比べてファミリーマンションは初期費用がかかりやすいです。しかも、大規模なマンションでは管理・修繕コストや税金も高額になります。また、ファミリーマンションでは長期入居が狙いにくいというデメリットも存在しています。そういったデメリットなども考慮に入れて、なお魅力的な物件を探すということが重要になります。新築か中古物件かというポイントについても考慮しましょう。

不動産の投資の大変さとは何か?

不動産投資が大変なのは、収益性が高そうな優良な物件を選んで購入をしたらそれでおしまいではないということでしょう。その後も適切に管理・メンテナンスをして物件を良い状態に保ち、優良な入居者と契約する努力をし、場合によっては高値で売れるタイミングで売却をしてしまうということも重要になります。

中古物件の場合にはリフォームをするかどうかについても考えなければなりません。マンションやアパートには経年劣化の問題があるので、目先の収入ばかりを考えていても失敗する可能性が高いです。新築のときには高い家賃を設定できていても、築年数が経過して古くなってくると家賃を下げなくてはなりません。家賃を下げたらローンを返済できなくなるということで悩む人は多いです。

目先の収入でなんとかローンを返済できるレベルに設定していると、将来に破綻してしまう可能性が高いです。管理・修繕費、税金、手数料などについてもしっかりと計算をして、余裕をもって返済していけるようなローンを組みましょう。

都心部の物件は特に努力をしなくても入居者が埋まるというケースも多いです。一方で、田舎の物件の場合にはしっかりと宣伝活動を行っておかないと入居者がなかなか埋まらない傾向があります。近くに工場があったり大学があったりすると田舎でも需要が高いですが、工場が移転した場合などに一気に需要がなくなってしまう可能性があります。

都心部の物件に比べると、田舎の物件は人口減少などの影響を受けやすいので、将来も需要がある物件であるかどうかをしっかりと考えておきましょう。もちろん、都心部の物件だから安心というわけでもなく、しっかりとシミュレーションをしておく必要があります。